新たなる挑戦│通信教育で試験に打ち勝とう

女の人

試験で多く出題

原稿用紙

習慣が得意分野にする

学校の入学試験だけでなく、最近では就職試験にも小論文がよく出題されるようになっています。日ごろから文章を書く習慣がないといざ小論文を書こうと思ってもなかなかかけるものではありません。小論文を出題する目的は自分の言葉で、相手に物事を伝えることができるかの試験です。口頭試験や面接などでも言葉の試験を行うことはできますが、限られたスペースの中できちんと自分の意見をまとめることができるというスキルを試すには最適な試験なのです。出題のテーマは様々です。入学試験であれば、今までの人生経験に基づくものや理想の将来像に関することが多く、就職試験においては、企業の商品に関する価値や仕事をする上で大事なことなどをテーマにすることが多くなっています。

毎日の訓練が大事

小論文のスキルを高めるには日ごろから文章を書く習慣をつけることです。日記など一日の流れを書くだけでなく、本や新聞など記事に対して自分なりの感想を常日頃文字に記すことが大事になります。パソコンを使用している人が注意しなければならないのが漢字間違いなどです。いざ書こうと思ってもなかなか書くことはできません。日常的に訓練をしていることが大事になります。小論文専門の添削システムがあります。添削をしてもらうことによって何が問題なのかを把握することができるとともに、添削による相手に伝える方法を身に付ける大事なポイントになります。添削された内容をベースにさらに毎日訓練することによって文章スキルは格段に伸ばすことが可能になります。