新たなる挑戦│通信教育で試験に打ち勝とう

女の人

採用する学校が増加

ペン

試験より難しい基準

学校を受験する際に試験の点数を確保することはもちろんのこと最近では面接を重視する学校も増加しています。そして面接重視の場合には志望理由書を提出する必要があります。就職をするときと異なり学校を受験する際に志望理由書には、将来の展望やそれに至った経緯、実現に必要と考えられること、そして志望理由、最後に今後の展望などが必要になります。スキルなどを持っているわけではありませんので実績や経験を書くことはできませんが、学校で何を学び、何を得たいのか、そしてそれを将来的にどのように利用したいのか明確になっている必要があります。学校側としても、専門分野のスキルを伸ばすことは今後の経営活動の中でも重要な指標となるからです。

チャンスは一度きり

志望理由書は一度きりのチャンスです。最近では書類選考を行う学校も増加しており、この一次選考を通過しない限り面接のチャンスはまわってこないのです。そのため学習塾などの新しい要素として志望理由書の添削活動を行う学習塾が増加しているのです。添削は、一人ひとりの特性に合わせて何が一番アピールポイントになるのかを検討しなければならない志望理由書の書き方に正解はありません。提出先の学校側が受ける印象もさじ加減で変わってきてしまうのです。そのため今までの傾向などを分析して何をアピールポイントにすればいいのかを把握し添削する必要があるのです。逆に傾向の把握ができている学習塾では合格へのポイントを押さえているため添削もより実践的に行う事ができるメリットを持っています。最近では、通信講座で志望理由書の書き方講座のサービスが出てきていて人気を集めています。